そもそもよもぎ蒸しとは
1300年前、中国唐代に絶大な美人と言われていた「楊貴妃」
楊貴妃はよもぎを煙を燃やして楽しむ勲式よもぎ蒸しをして、宮廷の中では美容によいとされていたようです。

それが今から600年前に韓国に伝ったと言われています。

ここまで民間の女性にまで幅広く愛されるようになったのは、美を追求する韓国の貢献が高いと考えられます。

いろんな改良が繰り返され、今あるヨモギ蒸しは韓国で行われるようになった、

肛門と子宮の粘膜からヨモギを煎じた湯気を吸収させ、下半身を温めるとてもポピュラーな民間療法という理解が出来ます。

日本での歴史がないのが残念なところですが、日本は基本的に湯船につかることが多いので、毎日温まります。

それに対し、韓国はとても寒い土地柄なのに、お風呂に入る習慣がなく、シャワーだったり、朝風呂だったり、が多いそうです。

家にお風呂(湯船)がない分、家族や友人と公衆浴場のような場所へ行き、サウナのようなところやよもぎ蒸しというものを開発(?)したりして、身体を温めるような文化になっていたのかな、と思います。

特に出産後、『産後の肥立ち』に効果的、ということで親しまれていたようです。

約1年赤ちゃんの為に頑張った子宮をしっかり温め、血流を確保してあげ、元通りにしてあげる。

そうすることでご自身も従来の生活に戻りやすくなり、とても身体にやさしいですね。

今は温暖化といわれていますが、冬の寒さはまだまだ寒い、そして夏の冷房の寒さには冬以上に冷えることも多いです。

シャワーが一般化されている現代、特に女性特有の悩みが多くなってきています。

「冷えは万病の元」本当にその通りで、体調やお肌の悩みでさえ、冷えが原因であることが多いです。

『よもぎ』の効能

では、なぜ『よもぎ』なのか?

よもぎ

よく道端にも群生しているのを見かけますよね^^

よもぎは『ハーブの女王』と呼ばれるほど、その効能は絶大で『飲んで良し、付けて良し、浸かって良し、嗅いで良し、燃やして良し』の五拍子揃った薬草で『病を艾(止)める』という意味から、漢方名では艾葉(ガイヨウ)と呼ばれ、その効能や栄養価の高さから、万能薬とも言われる程だそうです。

食物繊維はほうれん草の10倍近くあり、特によもぎに含まれるクロロフィルと言う成分は食物繊維の5000分の1の大きさで、小腸絨毛の奥に蓄積したダイオキシン、残留農薬、有害金属(水銀、鉛)を取り除いてくれる働きがあります。

また、発ガン抑制因子を増加させ、がん細胞やウイルスを阻止したり、食物繊維との相乗効果で血中コレステロールを低下させる働きがあります。

浄血作用で血液をサラサラにするので、アレルギーや高血圧にも有効で、よもぎに豊富に含まれる食物繊維との相乗効果で血中コレステロールを低下させる効果も期待できます。

さらに、肌に付ける事によって、切り傷やアトピーなどの改善に昔から使用されてきました。
また、よもぎがお灸のもぐさであることは有名な話です。

なんだかすごい!
このようによもぎは五拍子揃った薬草なのです!!

よもぎ蒸しにはどんな効果があるか?

よもぎ蒸しをすることにより、得られる効果は計り知れません。

それだけ効果の高い「よもぎ」を、煎じた湯気で粘膜吸収させます。

粘膜の吸収率はどの程度でしょう?

皮膚の経皮吸収率を以下に挙げます。

(「見てわかる!図解 経皮毒」山下玲夜著<薬学博士竹内久米/薬学博士稲津教久監修>より)

腕の内側 1

頭皮 3.5倍 額 6倍 あご 13倍 腋窩(わき)3.6倍 手のひら 0.83倍

かかと 0.14倍 性器 42倍

粘膜(すなわち口腔内や膣内部、肛門内部)は上記を上回る吸収率だそうです。

経皮毒は、男女とも、生殖器に蓄積され、排出にとても時間かかるらしいです。(何十年単位)

生理用品とか、長年使っててやばい・・・と知った時には時すでに遅しでしたが、まだ先も使うものなので、身体にやさしいものに変えました。

ちなみにですが、使い捨ての生理用品は本当にダメです。(話せば長いので割愛しますが…)

話はそれましたが、よもぎ蒸しの効果です。

☆(男性)腸粘膜を通じて腸自体、身体全体を温める効果(低体温対策)

☆(女性)超粘膜や膣内部子宮を通じて女性特有の臓器を温め、身体全体を温める効果(低体温対策)

☆血液をサラサラにする効果(浄血作用)

☆自然治癒力UP効果

☆美肌美白効果

☆デトックス効果

本当かな?と思われる方も多いでしょうが、効果を実感されている方は多いんです。

よもぎ蒸しはどんな方に適しているか?

☑腸ポリープ

☑子宮筋腫

☑子宮ポリープ

☑子宮内膜症(卵巣嚢腫やチョコレート嚢)

☑ガンと言われている方

☑不眠症

☑ダイエット

☑ニキビ吹き出物シミなどでお困りの方

☑冷え性

☑高コレステロール

☑不妊症

☑痔

 

書ききれません(涙)

私が堂々と「病気が治る」とは言えませんが、薬を飲まなくても、身体にメスを入れなくても

大病が治った方というのは多いんです。

ただ、継続する覚悟が必要なだけです。

体験記を載せておりますのでご覧下さい。体験記はコチラから

単発で受けられてもあまり意味がありません。

ある程度、継続して受けて頂く必要があります。

よもぎ蒸しはどんなペース・頻度で行うのがよいか?

いろんなサロンがあると思いますが、当サロンでは歴史があり、絶大なる信頼を置いている販売元『Asuca』の経験を活かし、以下を推奨しています。

〇体質改善の為に62回受ける

〇初めの3日間は毎日受ける(最低週に3回)

〇2週間目以降は週に1回

 

「よもぎ蒸しって身体によさそうだからしよう」くらいのお気持ちでは初めはご面倒かと思います。

ですが、本当にお身体のことでお困りであればその頻度は大した問題ではなくなるかと思います。

上記頻度はあくまで、体質改善をされたい時の話です。通うのが大変であれば、ご自宅用にご利用頂くことも可能です。

『Asuca』のよもぎ蒸しがより優れている点

Asuca よもぎ蒸し座器

黄土100%で作られている→置いておくだけで遠赤外線効果

「よもぎ」の効果だけでなく、黄土の効果が加わり、現代に進化し、温め効果が半端なくなりました。

その他、黄土の効果がすごいので、詳しくはコチラへ

完全無農薬の薬草→よもぎだけでなく、22種類の厳選された薬草を「美容用」「ダイエット用」「婦人科用」

に分けました。もちろんよもぎの割合がとても多いブレンドですが、このブレンドで今までたくさんの方からお喜びの声を頂いて参りました。

前述した通り、経皮毒は怖いです。

最低でも、薬草を白いパックでくるんで煎じてはいけませんし、農薬が使われた薬草はNGです。

完全無農薬の保証書付き薬草のみを使用しています。保証書はコチラへ

なお、当店は漢方自体、平素より取り扱っております。アロマも常備ございます。

「よもぎだけがいい」「においのしないものがいい」「アロマも入れてほしい」などなど

あなただけのオリジナルブレンドを楽しんで頂くことも可能です!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう