ラポール(信頼)の形成

事情を知らない人には話したくない

妊活アドバイザー™の資格を有することで、クライアントからの絶対的な信頼感が変わります。
接客業を行っている方から資格取得後によく聞く話として、

「既存のお客様から実は妊活を行っていたとカミングアウトをされる」

不妊に悩んでいるということは事情を知らない人には話したくないということです。
その点において、妊活アドバイザー™は高度不妊治療の内容を初級の段階で深くお伝えしますので、クライアントにそっと寄り添うことが可能であり、強固なラポールを形成することが可能なのです。

妊活カウンセリング

高度不妊治療だけじゃない

妊活アドバイザー™の認定セミナーでは、高度不妊治療に代表される近代西洋医学だけでなく、古今東西の民間療法や分子栄養療法などの内容も含まれています。
各不妊療法を行っている施設は、それぞれの立場があり自らの療法以外を深く学ぶことがほとんどありません。
ですので、病院に行けば病院中心であり、漢方薬局にいけば漢方薬中心になります。
それらのものを併用してどうなるかとはほとんど考えられておりません。だからこそ、

「古今東西様々な不妊療法にも精通している」

様々な妊活方法を知っていて、少しでも妊娠出産の確立を上げることができる、
妊活アドバイザー™のカウンセリングが必要になるわけです。
30分のカウンセリング代金は、5000円(全国統一※)を得ることが可能です。
※本業への付加サービスとされる場合はその限りではありません。

初級妊活アドバイザー™

主にこれから不妊治療を行おうとしている方へのカウンセリング業務が行える。

上級妊活アドバイザー™

あらゆる段階の不妊治療を行っている方への、専門的なカウンセリング業務が行える。

認定セミナー主催

講師として生きる

認定講師の資格を得ることで、自らが主催者として、妊活アドバイザー™認定セミナーを開催することが可能となります。
一人で妊活を広めるのと、同じ知識を持った仲間を増やし、複数人で妊活を広めるとでは、拡散力が係数倍に違います。
ちなみに初級認定セミナーの主催を行うと、受講生1人当たり3万円(全国統一)を得ることが可能です。

「多くの妊活アドバイザー™を育成」

をすることにより、もしかしたら子供が授かることができた方々への手助けができる可能性が高まります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう